魂を繋ぐ3か月

作り上げてきた「偽りの“役”」を。
もう手放して大丈夫だよ。
 
そして自分を愛しにいこう。

魂から離れてしまったカラダを結び

魂を通し、人を結び

魂を使い、人生を生き切る

たまゆい

「もっと『生きる』ことができる気がする」

「本当はこんなんじゃない」

「心の底から『生きてる』って感じたい!」

私たちは成長していく中で

自分でも気づかないうちに

『本来の自分』ではない

偽りの“役”を演じ始めてしまいます

お姉ちゃんなんだから・・・

男だったら・・・

こういうキャラだし・・・

お母さんだから・・・

上司としてはこうあるべき・・・

でも本当はどこかで感じている

今の自分が「本当の自分」ではないことを

周りの期待に応え、空気を読み、

作り上げた“役”であること

そんな違和感を抱えつつ

日々の生活を送れば送るほどに

『心』が失われていき

いずれ無感動になったり

無気力になったり

身体が悲鳴をあげて

病にかかったりしていきます

そして気づくんです

自分の本当の“”に

「このままじゃ、いやだ」

「もっと可能性があるはずだ!」

「命を使い切りたい」

「心の底から生き切りたい」って

 

一人でよく頑張ってきたね。

でも、もう手放して大丈夫だよ。

偽りの”役“を。

そして自分を愛しにいこう。

待たせてごめんね、って。

ホンモノの世界とは?

僕らひとりひとりの存在を

パズルのピース」という人がいる

だから自分らしい

ありのままの凸凹を見つけよう、って

でも、僕は

この考え方はもう古いと思うし

とってもとっても息苦しくなるんだ

「不足を補い合う時代」はもう終わらせていい

これからは「補い合い」ではなく

いかに「交わっていけるか?」を大切にする

そんな時代がすぐそこまで来ている

ピース = ハマり合う

交わる = 重なり合う

人を「ピース」の一部って捉えた瞬間

「あ、俺、ハマらないから、いいや」って

諦めの気持ちが起こり

「ここは自分の居場所じゃないのかも」って

違和感を抱える

もしくは

相手の凸凹に合わせたカタチになろうとして

伸ばしたり縮めたりしてがんばって

やがて自分を殺していく

でもね

実際はハマる必要もなければ

合わせる必要もないんだ!!

だって、僕らは、僕ら自身として

この命を精一杯輝かせたいんだから

ホンモノの世界は

『交わること』で完成する

人生とは、自分の『音』に還る旅

僕らはひとりひとり

自分にしかない特別な「カタチ」を持っている

でも僕は「カタチ」ではなく

」と捉えている。

そう、オリジナルの「音」

そして

この「自分自身の音」をより明確にしていくことが

交わる上では絶対に欠かせない

とってもとっても大切なこと

自分がどんな音なのかがわからなければ、交われない

=====

僕がヴォイストレーニングに通っていたときに言われた一言

「なおや、音痴だね」

ショックだったけど、続けて先生はこう言った。

「音痴っていうのは…

『自分の歌っている声が聞こえていないだけ』なんだ」

つまり

ピアノの音と自分の出している音が「合わせられないから」

音痴が生まれる

だったら、自分の音を聴けるようになれば

ピアノに合わせられるし

歌は歌えるようになる

=====

だから

自分が出している「音」が何なのか?

どんな音なのか?

一度わかってしまえば

目の前の人の「音」が聴き分けられるようになり

心地よく音を重ねられる

共に音楽を奏でられる

そう、この心地の良い交わりが

本当の関わり合いが生まれる瞬間なんだ

それぞれが

それぞれの音を奏でながら

素晴らしいシンフォニーへとまとまり

響きあい

拡がっていく

本当の音と音の“間”に生まれる“瞬間の奇跡”

瞬間瞬間を捉えるようになると僕らは自由になる

共鳴、ハーモニー、コーラス、強弱

天候や湿度、気分によって

二度と再現することのできない命の瞬間を創造する

つまり、そこには過去や未来、評価や点数などは

一切存在しないんだ

だからこそ、この瞬間の奇跡の連続は

空間、時間、人種などのすべての“壁や概念”を越えて

ダイレクトに人の心に響いていく

これこそが

ホンモノのARTなんだ!

ヒト × ヒト

その“間に起こる命の芸術”

つまり

一人では表現できない世界だからこそ

心震える感動が生まれ、世界を動かしていく

これは「ハマろう」とすればするほど

絶対に起こりえない

命と愛の奇跡なんだ!

交わり/重なり

その先にしか見ることのできない

愛、溢れる世界を一緒に見たい

この「命と愛に溢れた世界」が

きっとこれからのスタンダードになっていく

魂の『音』は

世界をARTに変えていく

ARTを通し、自由に生きる

僕らが心の底で望んでいる「本当の世界」とは?

優しさと、美しさと、安らぎと

感動に溢れた世界なんだ

だからこそ

「自分の音」を明確にしていきたい

濁った音では

濁った音楽しか生まれない

自分を研ぎ澄まし

すべてをクリアーにしていった先に

想像を遥かに超えた、芸術的な世界を創造できる

みんなが、本当の「自分の音」を表現できたとき

そして、それが重なりあったとき

きっとね、地球は、太陽系で一番輝く星になる

なぜなら

僕ら一人一人の“命”そのものが

アートであり、代役なんて絶対に存在しないから

だからこそ、僕らは、僕らで在り続ける必要がある!

そして、魂もそれを強く望んでいるんだ!

魂がそれを求めているんだ!

本当から生み出された「瞬間の輝き」こそ

世界を変えていく強く大きなエネルギーになる

この輝きがカタチに残れば

語り継がれる作品になり

空間と経験に残れば

命を育む愛のエネルギーとなり

次の世代へ引き継がれていく

この本当の交わりから起こる、

「奇跡の輝き」の連鎖が

日常に当たり前に起こるようになれば

それは、宇宙へと響きわたる

惑星規模の大きなアートになっていく

そう、本当はね

あなたは、『あなたの「音」』を既に知っている

でも、そのことを表現するのが怖いんだよね

知っているよ

僕も、自分が出せずに苦しんだ一人だから

だからこそ

あなたの可能性を信じられるし、引き出したいし

「音」を見つける瞬間を傍で見たいんだ!

僕らは社会の「ピース」なんかじゃない

素晴らしい音を奏でることができる

輝く命なんだ!!!

そうやって魂から叫ぼうぜ!

そして

あなたの本当の音を表現していこう!

世界に解き放っていこう!

僕も絶対に諦めないから

だから

あなたも絶対に諦めないで欲しい

あなたの音を絶対に忘れないで欲しい!

一緒に創っていこう。

宇宙のどこからでも体感することのできる

地球規模のホンモノのARTな世界を!

交わり、重なり

心地よい生き方を、見つけていく

伸ばした手は、絶対に離さない

初めまして、川崎尚哉です

出会ってくれて、ありがとうございます!

僕は本気で

こんな世界を創っていきます

もう、見え始めています

だから

もっと「自分の本当の音」を見つけて表現したい!

一緒にそんな世界を創っていきたい!

同じ想いを持つ人たちと出逢いたい!

ひとりひとりともっと丁寧に

魂で繋がりたいって本気で思っています

そのために、今の僕のすべてをわかちあう場

地球という舞台の上に立つために

最も重要な準備をする場が

魂を結ぶ3カ月のスクール』です

まず、

今まで演じてきてしまった“役”に気がつくこと

そして、その役を手放し

自分の音を取り戻していきます

役を演じながら

本当の気持ちや本当の本音がわからなくなり

魂とは離れてしまった身体を

また、繋いでいきます

それを、僕は

実際に身体を動かしながら一緒にやっていきます

音楽を奏でるための楽器としての身体を

繋ぎ、磨き、チューニングしていきます

最高の音を出せるように

魂と身体が繋がっていないとき

本当のことを表現していないときは

本人が無意識に気づいていないフリをしていても

僕にはわかります

僕だから、わかります

一度は自分に嘘をつき

無理に魂から身体を引き剥がしたけれど

それがやっぱりどうしようもなく辛くて、苦しくて

もう一度、繋ぎ直してきた僕だからこそ

できることがある

本当の本音を見つけ

魂と身体を繋ぎ直して音が響くようになると

忘れていた感覚を取り戻します

見ないようにしていたはずの気持ちに気づきます

本当は言いたかったのに言えなかった「本音」

本当はやりたかったのに我慢して忘れた「夢」

本当は気づいているのに蓋をしてしまった「嘘」

全部が、身体を通して湧き出してきます

解放されて、溢れ出し、流れ始め

やがて循環が始まります

人によっては

見たくない自分を

見なければいけなくなることもあるかもしれない

怖いと感じることもあるかもしれない

でも

決してひとりじゃない

僕がいます

そして、仲間がいます

信じて欲しい

この「仲間」とは

僕の感覚では「家族」です

どんなに傷ついても

どんなに汚れてしまったと思っていても

どんなに貧しく感じても

どんなに自分を責めてしまっても

いつでも帰れる場所であり

逆にここしか戻る当てがない

そのくらい安らげる場所

絶対的に信頼できる場所

他のどこでも出せなかった情けない自分

家族にすら見せられなかった汚い自分

大切な人だからこそ隠してきた

醜い自分、卑しい自分

みっともない自分、かっこ悪い自分

今まで、自分すら見たこともなかった自分

そんなのも全部、全部出してほしい

全部見せてほしい

全てをさらけ出してほしい

ここでは

背伸びしていても、根っこから包まれ

笑っていても、寂しさを見破られ

自分を責めてしまっても、愛してくれる

つまり

嘘が通用しない世界

もうね、見栄とか恥とかプライドとか

こだわりとか不安とか期待とか

大きいのもちっちゃいのも

ごっついのもへなちょこなのも

全部、全部、全部捨てて

最後の最後に捨てられないものすら全部ぶちまけて

降参するしかない

僕も本気

力むとかじゃなく

全部出す、全部受け止めるって決めてる

絶対に大丈夫

そして

僕だけじゃなく

みんながそうなれたらって、心から思うから

みんながそうなる場を創るって決めてる

覚悟を決めたんだ!

みんなでさらけ出して降参するから

みんな自由でいられる

そして、そのクラスの仲間(家族)とだからこその

たくさんのアートな瞬間が共有できる!

つまり

「アートな瞬間の体験」

ここで繋がったみんなが

この感覚をフルに使いながら生きることを思い出し

今度はその場所を離れているときでも

地球という大舞台で

たくさんの人と本当の瞬間アートを創り出し

いずれ、大きな感動を生み出していく

そして、その感動が、現実を動かし

世界に大きなうねりを起こしていく

地球を惑星一輝く星に!

そんな世界を創造できる場で

みんなの

きっと今まで見たことがなかったはずの

忘れていた本当の命が目覚め

音が生まれ、重なり、交わり、響きあい

眩しい輝きを放つ瞬間を感じたい

そして自分を愛し切り

世界を愛しきった瞬間を

その先に拡がる世界を

あなたと、一緒に見に行きたい

だから是非、僕に会いにきてください

仲間に、家族になってください

一歩、踏み出して

僕の手を、取ってください

伸ばした手は、絶対に離さない

絶対に

あなたを、待っています

〒187-0033 東京都小平市中島町32-4
TEL.090-6517-9551

最新情報

ワークショップ・体験会情報

日々うらら